<   2006年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

017:医。  (P)

磨くべし 終着点などありはせぬ 医学より寧ろ己の美学

ひとこと。
[PR]
by P-in-Kedama | 2006-04-28 04:36 | うた001-020。

016:せせらぎ。  (P)

木陰道 澄んだせせらぎ ざらざらと ただ木霊しつ 耳の間に間に
[PR]
by P-in-Kedama | 2006-04-28 04:30 | うた001-020。

015:秘密。  (P)

愛してる ゆえに心にとどめるは 余計な傷を秘密にしたく
[PR]
by P-in-Kedama | 2006-04-20 17:05 | うた001-020。

014:刻。   (P)

刻む時 刻む痛みに静謐な 決意の程を見せ付けぬよう
[PR]
by P-in-Kedama | 2006-04-19 17:08 | うた001-020。

ここのとこは雨だらけ。

埼玉は、今週よく雨が続いています。

春雨、とはよく言ったもの。

あぁ、でも晴れてくれないと気分が晴れない。
写真で花を観て、お天気だったお花見のことでも思い返してひとり笑み。


ぽんぽんとまぁるく咲いた八重桜 陽を透かしたり影映じたり
f0098828_116931.jpg

混じりあう色とりどりの花に枝 ゲンペイモモの威風堂々
f0098828_1174839.jpg

f0098828_12114.jpg

[PR]
by P-in-Kedama | 2006-04-13 01:21 | つぶやきごと。

013:クリーム。   (P)

メレンゲのオレンジ味に焼き菓子と ちょこんと少しクリーム添えて
[PR]
by P-in-Kedama | 2006-04-13 01:01 | うた001-020。

012:噛。   (P)

右側にしずしず眠る枕辺に いつもは聞こえぬ歯噛みの音色

ひとこと。
[PR]
by P-in-Kedama | 2006-04-13 00:55 | うた001-020。

011:からっぽ。  (P)

眠るたび満ち満ちてゆく感覚は 歯止めのきかぬからっぽさ加減
[PR]
by P-in-Kedama | 2006-04-07 22:42 | うた001-020。

やっとこ10番でした。

ぎりぎり桜の季節に間に合った感の010:桜でした。

今日は市役所に行きました。
まだ満開の桜を楽しめるここ埼玉県。
花びらが風に舞って、風が嫌いな私も束の間風って良いな、と思えました。

日曜は新宿御苑にお花見に行きます。
晴れますように! せめて、雨が降りませんように!
[PR]
by P-in-Kedama | 2006-04-06 19:39 | つぶやきごと。

010:桜。   (P)

道行けば 梅もも桜 沈丁花 金木犀も薫りつつ

桜。
[PR]
by P-in-Kedama | 2006-04-06 19:24 | うた001-020。